品質の安全性について

品質の安全性について

「食の安全」が守られてこそ、からだにやさしい手作り宅配療養食がお届けできます。
メディカルクック宅食便の食品衛生に関する取り組みをご紹介します。

メディカル・クック宅食便がこだわる食の安全性5項目
1)衛生管理について

パック 調理工場は衛生管理を徹底し、いかなる不衛生要素も取り除いた万全の体制で調理盛り付け・梱包にあたっています。
クックチルド製法によって調理後の雑菌増殖を抑え、梱包につきましては、盛り付けと同時にシュリンクパックで完全密閉したお食事を、瞬間的に冷凍しています。

※クックチルド製法:食材を加熱調理した後、90分以内に芯温0〜3℃まで急速冷却する製法。
※シュリンクパック:内容物を隙間なく密封する特殊のビニール袋。

手作り宅配療養食は、検査機関による定期的な細菌等の検査を経て、常にその安全性を確認しています。

2)使用食材について

食材は国産品を極力使用し、それ以外は、厚生労働省の「輸入食品等試験成績証明書」付きの食材のみを厳選して使用しています。
また、調理の段階では食品添加物はいっさい使用せず、加工食品も極力避けて、ソースやルーも手作りしています。

3)調理方法について 

調理は、あえて完成前の9割ほど加熱した未完成品の状態で、急速冷凍いたします。
食材そのものの風味や食感・栄養成分を損なわないよう、お客様がお召し上がりいただく直前に、電子レンジにて最後の仕上げ加熱を行っていただきます。
※加熱方法は、「手作り宅配療養食のお召し上がり方」にご案内しておりますので、ご確認ください。

4)再加熱処理について

お客様にお召し上がり直前の仕上げ加熱を行っていただくことで、工場調理の段階から2度目の加熱処理になるため、極めて高い安全性が保てるのです。

5)保存方法について

商品は、到着後すみやかにご自宅の冷凍庫に保管していただきます。
お召し上がりいただく際の加熱方法は、「手作り宅配療養食のお召し上がり方」にご案内しておりますので、ご確認ください。
なお、残りものにつきましては、安全面からすべて廃棄してください。

※以上、5つの基準を工場調理の段階からお召し上がりいただく直前まで、お客様にもご協力いただきながら実施しています。この一貫性が、メディカルクック宅食便がこだわる食の安全性の裏付けと考え、今後もお客様からの信頼に応えてまいります。

pdf